日本緑内障学会が定めたガイドラインでは「視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患である」と定義されています。

       <緑内障の治療>
 日本緑内障学会のガイドラインでは、治療の原則として、以下の6項目が記載されています。
(1)    治療の目的は患者の視機能維持
(2)    最も確実な治療法は眼圧下降
(3)    治療できる原因があれば原因治療
(4)    早期発見が大切
(5)    必要最小限の薬剤で最大の効果
(6)    薬物、レーザー、手術から選択

1.    薬物療法
緑内障治療薬として認可されている薬剤は、種々の作用機序により眼圧を下げる効果を期待して使用されます。多くの薬剤は点眼薬の形で使用していただきます。様々な作用機序の点眼薬がありますので、場合によっては複数の点眼薬を使用していただく場合があります。最近では緑内障治療薬2種類の成分を配合した配合点眼薬と言われる薬剤も登場していて、患者さんの点眼回数軽減につながっています。

2.    レーザー治療
急激に眼圧が上昇する急性閉塞隅角緑内障の場合、眼圧上昇の原因となっている瞳孔
ブロックを解除するためにレーザー虹彩切開術を行うことがあります。また薬物療法の補助治療として線維柱帯にレーザーを照射することがあります。

3.    手術療法
薬物で良好に眼圧をコントロールできない場合、薬物療法を行っても視野障害の進行が抑えられない場合、一刻も早く眼圧を下げないと失明に至る急性閉塞隅角緑内障の場合などでは手術治療が適応となります。
手術療法は大きく3つに分けられます。

[1]瞳孔ブロックの解消
(1)周辺虹彩切除術
[2]房水流出の改善
(1)線維柱帯切開術(トラベクロトミー)
房水流出抵抗が最も大きい線維柱帯を切開する手術です。
(2)線維柱帯切開術(トラベクレクトミー)
前房から結膜下に至る新しい房水流出路を形成する手術です。濾過手術とも呼ばれます。手術後は濾過胞と呼ばれる膨らみが結膜の下に形成されます。
[3]房水産生の抑制
房水を産生する毛様体と言われる組織に低温や熱を加えて房水産生を抑制し、眼圧を下降させる方法です。

 この他に白内障手術を行って眼球内の形状を変化させることが眼圧下降に有効な場合もあります。

ここで注意が必要なのは、白内障手術などとは異なり、緑内障の手術を行ってもすでに失われている視機能を回復することはできない、ということです。これが緑内障の早期発見、早期治療がとても大切な理由です。また手術療法は患者さんの眼の状態によって選択する術式が異なりますので、選択にあたっては、主治医と十分に相談をしてください。


緑内障には様々なタイプや原因がありますが、多くの場合患者さんの自覚症状は乏しく、非常に進行するまで患者さんが気づかない事が多い疾患です。40歳以上の日本人では、25人に1人は緑内障であるといわれて、その割合は年齢とともに上がっていきます。緑内障の早期発見、早期治療のためにも是非医療機関での検査を一度行ってみてください。
 

緑内障とは❓

目の病気、その1

緑内障と眼圧

 

古くは眼圧(眼球の形状を維持するための圧力、単位はmmHg)が一定の値以上に上昇することによって視神経および視野に障害が生じる疾患と考えられていました。しかし、疫学調査の結果、日本人緑内障患者の80%以上は正常とされる眼圧上限値(通常21mmHg)以下で疾患を発症することが明らかとなり、高眼圧(眼圧値が21mmHg以上である事)が緑内障の必須条件ではないことが広く認識されるようになりました。ただし、眼圧を十分下降させることで視神経障害の進行を緩やかにすることが可能である、という多くの報告から、緑内障は健常眼圧(患者さんの正常視機能を維持できる眼圧)以上の眼圧のために視機能障害をきたす疾患である、と現在は考えられています。

 

何らかの原因で健常眼圧より眼圧が高くなると、眼球内で最も圧力に弱い部分である視神経乳頭が圧迫され、視神経乳頭を支える組織である篩板が変形するために視神経線維が減少し、その結果視野狭窄、視力障害を生じます。しかし、十分な眼圧下降にもかかわらず視神経障害が進行する例もある事から、眼圧以外の因子(循環障害など)も関与していると考えられています。

          <検査>


1.    眼圧検査
眼圧検査は、緑内障の診断や治療効果の判定には欠くことのできない検査です。ゴールドマン眼圧計、非接触型眼圧計(ノンコンタクト眼圧計)などがあります。


2.    隅角検査
この検査では角膜の上に隅角鏡をのせ、房水流出路である隅角の状態を観察します。


3.    眼底検査
緑内障では視神経乳頭およびその周辺において特徴的な変化が出現し、特徴的な視神経乳頭陥凹の拡大などが認められます。


4.    眼底画像検査
光干渉断層計(OCT)を用いることで、視神経乳頭の形状、視神経線維層の厚さなどを測定します。視野障害が出現する前の非常に早期の緑内障も検出できるといわれており、疾患の早期発見に有用です。


5.    視野検査

緑内障では視野(眼の見える範囲)に特徴的な暗点(見えない部分)が出現してくるため、その程度や進行速度を判定するために定期的に行う必要のあるとても大切な検査です。複数の種類があり、患者さんの病状併せて検査を行っていきます。

お気軽に、
電話で外来予約を!
ヨ  イ  シ リョク

025-281-4146

住所

950-0941

新潟市中央区女池6-4-61

連絡先

Tel: 025-281-4146

Fax: 025-282-5256

Since 26 April 2016 by Meike Eye Clinic proudly created with TS

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page